SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。ラン歴6年目。中野→千歳烏山→三茶→立川→甲子園→三田市 PB:Full2:59:37 Half1:22:17#西川ランニング教室#ヒゲマラソン部#サブ3#WMMボストン残し#マラソン行脚#大阪マラソン#スポーツビジネス#電王堂#日大二#日大#JAAF公認ジュニアコーチ#教員免許(保体)

シカゴマラソン2014 その1

【今日の練習】 雨の為、急遽休足日にしました。明日はしっかり走ります。 さて、もう1ヶ月以上たってしまいましたが、10月にシカゴマラソンに参加して来ました。昨年のロンドンマラソンに続き、このような機会に恵まれた事に本当に感謝しています。これから何回かに分けてブログに書きたいと思いますので、よろしくお願いします。 10月10日 JALのシカゴ便で現地へ向かいました。今回は5人チームでの参加です。 その内お二人は、2時間10分台、30分台の記録を持っています。そんなトップランナーと同行させて頂くのは本当に嬉しい事です。 無事現地に到着し、この日はゼッケン引換にEXPOへ。会場へはオフィシャルのヒルトンホテルからバスが出ているので、非常に便利です。 まずは受付。ランナーはエントリー完了後に送られてくるQRコードを出力していきます。最初にIDチェックがあり、パスポートとこのコードを読取確認します。すると、カウンターにあるiPadに番号が出ますので、その受付に向かいます。私は5番でした。 5番に向かう途中、5番受付の陽気なにいちゃんが「ハーーイ!◯◯!」と遠目から私の名前を呼んで、呼び込んでくれます。多分先ほどのカウンターで読み込んだコードで、各番号の窓口担当に情報が飛んで、来る人が事前にわかるのでしょう。このオペレーションは異国の地で走る自分にとって、凄く嬉しくて感動しました。さすがWMMです。 受付ではナンバーカード、チップ、お土産セットを受取り、参加賞Tシャツ引換の場所を教えて貰います。TシャツはEXPO会場の1番奥みたいなので、まずは引き取りに向かいます。 Tシャツは、在庫ありきでサイズ交換を受付ていました。今年行ったソウル国際でもやっていたので、海外ではよくある形なのかもしれません。 EXPOの続きはまた次回に。。