SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。仕事もマラソン。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。当面は、サブ3・WMM制覇・UTMF/UTMB/富士登山競争完走が目標です。

ベルリンマラソン体験記①

今日の練習】完全休足(今日まで)

2015年9月。

東京2012、2013、2015
ロンドン2013
シカゴ2014
に続く、WMM(World Marathon Majors)の第4レース目、「BMW BERLIN-MARATHON」に参加してきました。

今回も、本当に貴重な体験が出来ましたので、何回かに分けて書かせて頂きます。

まずは、エントリー。
貴重なエントリー枠を確保頂きながら驚いたのは、参加賞Tシャツと、完走者Tシャツが有料な事。

えっ??有料かよ。と思いましたが、勿論購入。そりゃ買っちゃいますよね。

ここで、プレオーダーをしておくと、EXPOで確実に受け取る事が出来ます。

その他に、大会のジャケット(ウインドブレーカー的な物)やメダル刻印、オリジナルビデオなどがここでオーダーが可能。

せっかくなので・・・と色々追加してると、エントリー費用含めて3万円位になりました(涙)

飛行機はマイルで無事確保。宿も特典など込みで格安にて手配が完了。ホテルもシカゴみたいに、とてつもない金額では無いので助かりました。比較的良心的です。

エントリー後は、何度かメルマガが来たりします。あと健康チェックもWEB上で行います。

参加案内も約3週間前にメールで来ます。WMMでもこれが普通なので、日本もメールでいいと思います。
f:id:kuroibozu:20151005074815j:image

参加案内を見て驚いたのは、とにかくイベントが多い!
f:id:kuroibozu:20151005075238j:image
前日からだけでも、これだけあります。

後で聞きましたが、前日のミニマラソンは1万人が参加。

やはりこの規模感がWMMですね。

今回、飛行機が木曜日発しか取れなかったので、9/24-9/29の日程となりました。

往復ともに、伊丹ー成田ーフランクフルトーベルリンの移動です。

フランクフルトまではマイル。フランクフルトーベルリンはLCCの予定でしたが、意外と高かったので、ICEでの移動としました。

ICEもドイツも3年振りです。

往路の成田ーフランクフルトは何とファーストクラス。

というか、正しく言うとマイルで取るには、ファーストクラスしか空いて無かったのです。

一生乗る事は無いと思いましたが、ここでまさか乗る事になるとは・・

だって普通に乗ると片道100万ですよ!!100万!

まず、乗る時から違います。
優先搭乗の待ち列に並んでいると、チケットをチェックされ、ゲートが開く前に機内へ。
f:id:kuroibozu:20151005081923j:image

皆さんの冷たい目線が刺さります。
「いや、本当に一般人です。マイル何ですよ!」と説明して回りたい位。

そして、想定通り機内も凄いですよ。

サロンという凄いシャンパン。
f:id:kuroibozu:20151005082046j:image

f:id:kuroibozu:20151005082102j:image

プレゼント
f:id:kuroibozu:20151005082211j:image

食べ過ぎ
f:id:kuroibozu:20151005082330j:image

f:id:kuroibozu:20151005082343j:image

f:id:kuroibozu:20151005082549j:image

あと、今回のフライトは8席あるファーストクラスに4名が搭乗。

なので、奇跡的にファーストクラスの2個使いとなり、寝る時は隣の空き席に布団を敷いてくれました。
f:id:kuroibozu:20151005082740j:image

こんな贅沢していいのでしょうか?恐縮です。

最高に贅沢な12時間を満喫して、無事フランクフルトへ到着。

ここからは、フランクフルト中央駅に移動し、ICEで4時間弱の旅です。

ICEも3年振りですが、あまり変わりはありませんでした。

車内ではまたビール飲んだり、ビデオ見ていたらあっという間にベルリン中央駅に到着。快適です。
f:id:kuroibozu:20151005083535j:image

ここで、ベルリン在住の後輩と合流しました。

撮影コーディネーター兼、報道カメラマンとして海外で戦っている大学の後輩です。本当に尊敬します。

そして、早速ドイツ料理とビールで乾杯!!

「是非食べてください」ということで、名物の1キロ肉で舌鼓。
f:id:kuroibozu:20151005084317j:image

今日何食目かな?(笑)

といった感じで、少しレースの事も忘れそうな位、食べ過ぎ飲み過ぎの初日でありました。