SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。仕事もマラソン。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。当面は、サブ3・WMM制覇・UTMF/UTMB/富士登山競争完走が目標です。

小野ハーフマラソン振り返りです

【今日の練習】
また腸頸靭帯を少し痛めたので、今日はお休みです。身体も全体的に重めなので、今日はしっかりケアに努めます。

さて、昨日の小野ハーフ振り返りです。
興奮して少し長めです。お許し下さい。

朝は5時に起床。前日の駅伝の疲れを少しだけ感じます。

息子と、納豆ご飯をしっかり食べて、いざ会場へ。

車で40分、駐車場に到着。ここからバスで会場へ。特にストレスもありません。

会場に着いたのが少し遅かったので、急いで受付と着替えをして、妻に息子のレースのオリエン。

レース後の待ち合わせ場所決めとか、色々とやっていると、アップもしないままスタート15分前に。

急いでスタートに向かうと、途中偶然同じクラブの方にお会いしたので、一緒に整列させて頂きました。こういうのは凄く嬉しいです。

しかし、アップもあまり出来ないままスタート。ロスは40秒位でしょうか??

今日の目標は「とにかく楽しく走る事」

最近、「人生の中で、こんなに人に応援して貰える瞬間って、そう無いよなー」とマラソンの楽しさや喜びを再確認してて、今日も楽しい前向きなレースを心がけていました。

スタート直後は、クラブの方に並走。アップもほどほどでしたので、1キロを4:32で通過。

長い直線に入り、前も開けてとても走りやすかったので、4:15まで上げてみました。

幸い、呼吸も荒れなかったので、そのまま行ってみることに。 

というか、すごい楽しい。走るの楽しい。
コースも計画的に取って、沿道の応援にお辞儀して、気持ちよく前に進みます。

途中、辛い上り坂もありましたが、良い感じで折り返し手前まできました。

ここで、去年一緒にシカゴマラソンへ行ったYさんが、女子の先頭集団に居たので声掛け。

そして、直ぐに自分も折り返し。

「あれ??女子の先頭とあまり離れてねーぞ」

自分でもビックリしたのですが、それが更にモチベーションになって加速。楽しくて沿道の方とも会話しまくってました。

後から見た10キロからの5キロは、
4:03-4:08-4:18(登り)-4:13-4:03と驚愕のラップ。

16からの3キロも
4:11-4:11-4:00。
ここに来てキロ4って?!信じられないです。
アドレナリンって凄いな。

折り返しの時に見えた、90分ペーサーらしき人との距離もどんどん近づいて来ます。

(最後になって、この方々が90分のペーサーだと確信するのですが、この時はまだ半信半疑でした)

が・・・
ここに来て腸頸靭帯に違和感。
というか痛み(笑)やっぱまだ治ってないよね。

「そう簡単には90分切らせねーよ」と悪魔の声が聞こえて来ます。

実際、この1キロは4:25。更に痛くならないよう、給水を膝にかけたり必死にもがいていました。

でも、今日は運もありました。前に同じクラブの先輩が見えて来たのです。こういう奇跡は、本当に力になります。

膝は痛いけど、まだ我慢は出来る痛み。必死に追いかけます。

ラスト1キロちょっと、最後の坂を越えて、先輩に追いつきます。

そして、更に援軍が・・・

ペーサーのお一人が、そこで立ち止まって待っていて、僕らを急がしていました。

ここでこの方々が90分のペーサーだと確信しました。多分プログラムにも記載が無かったのですが、毎年いらっしゃるのでしょうか?

スタートロスも覚えていないし、足が痛くて、時計見ても良くわからないので、「まだ、グロスで行けますか?」と聞くと「このままなら大丈夫だと」と先に行かせてくれました。

そして、最後の交差点を右折すると、もう一人のペーサーが時計を見ながら減速して走っています。

この方にも、「どうしてもグロス90分切りたいんです」と言ってタイム確認。

「このままで行けます!!」
と心強いコメント。そして、時計を見ながら並走くれる優しさ。本当にありがたい(涙)

「絶対に切る。絶対に切る。絶対に切る・・」

と念仏を唱えながら、最終コーナー。

そして、タイマーが見えなかったので、切った確認もしてないのに、笑顔にガッツポーズでフィニッシュ。(お恥ずかしい)

結果、1時間29分21秒。
(ネット1時間28分52秒)
で、90分切りを達成。2月の丸亀から2分近くタイムを更新出来ました。
f:id:kuroibozu:20151207090023j:image

フィニッシュ後、ペーサーの方と力強く握手。
本当にありがとうございました!

ラスト1キロは4:02。はい、ひざ痛いです。

タイムはオマケかもしれませんが、本当に楽しいレースでした。

引き続きサブ3目指し、コツコツと頑張ります。