読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。仕事もマラソン。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。当面は、サブ3・WMM制覇・UTMF/UTMB/富士登山競争完走が目標です。

【完走記】2016 比叡山 International Trail Run

まず、とてもキツいレースでしたが、コースはとても整備されていて、応援も多く、本当に素晴らしい大会でした。

関係者の皆様、ありがとうございました。

さて、レースについてです・・・

朝は4時前に起きて車で比叡山へ。足は少し重いですが、ここ最近のテーパリングで体調は回復しました。

7時30分に会場へ着き、装備の準備。

びびってましたので、ジェルを20本持ちましたが、給食が充実していたので、10本ほどしか食べませんでした。

天候は曇り、少し湿度の高さを感じますが、大勢の方にに見守られスタート!!
f:id:kuroibozu:20160529052300j:image

早速渋滞していますが、いきなり飛ばさないですみますので、これはこれで助かります。
f:id:kuroibozu:20160529053440j:image

前半は下り基調。走れるコース。

今回分かったのですが、わたくし
「下りが下手(`_´)ゞ」でした。

自分なりには、一生懸命走ってるのですが、後ろから煽られて抜かれます・・・

きっとコツがあるはずなので、これから少し勉強したいと思います。

下りが終わり少し登ると1Aに着きました。
暑く無いのですが、湿気が凄くて汗が止まりません。ナンバーカードも1度取れる始末。f:id:kuroibozu:20160529054302j:image

エイドでスポドリだけ入れて、前に進みます。

比叡山高校野球部のグラウンドです。ここの階段が地味に辛かった。
f:id:kuroibozu:20160529055039j:image
 
野球部は試合中でした。この中にも数年後トレイルランとかやる子もいるんだろうなー。自分のように・・・何て考えながら難所の登りへ。

この時は「何じゃこの登りは・・・」と思ってたのですが、この後にやって来た事を考えると、実はここの記憶があまりありません。

一生懸命登り、2Aへ。

比叡山延暦寺に戻り、名物のそばを頂きました。知人がボランティアをやっていたので、元気を頂き、後半戦へ。
f:id:kuroibozu:20160529064906j:image

3Aまでは15キロ以上あるので、あまり身体に疲労を溜めないように走ろうと思いましたが無理でした・・・

横高山の登り。これ何ですか。崖ですか?

って聞きたくなるようなコース。登っても登っても終わりません。キロ30分かかった所もありました。

それでも途中にエイドがあって、鏑木さんも居てくれて救われる。神様に見えましたよ。

最後まで振り返っても、ここが1番の難所だと思います。

ここからは林道も増えて、登りは歩き、下りは走りを繰り返します。

3Aでは、そうめんを3杯。紫蘇ジュースを3杯。最高でした!
f:id:kuroibozu:20160529064301j:image

ここからの下りはロードで走れましたので、キロ5前後で走り切ります。

そしてまた登り。ここもキツかった。横高山より長くダラダラと登るので、精神的にキツいです。

そして、4A。水はたっぷりありましたので、頭に水だけかけて頂き、ここから一気に下ります。

ラストだと思ってかっ飛ばしてると、腹筋が攣って8時間切りは厳しい状況に。

やっぱり下り苦手です・・・

ラスト2キロはまた登り。最後まで変態ですねー。

でも、ラスト1キロに鏑木さんからの嬉しいボードが。こういうのがトレイルの良さですよね。感動しました。
f:id:kuroibozu:20160529064541j:image

そして、本当の最後まで坂が続き・・・
f:id:kuroibozu:20160529064409j:image

比叡山に帰って来ました。最後まで応援がありがたいです。
f:id:kuroibozu:20160529064741j:image

f:id:kuroibozu:20160529064807j:image

そして、無事8時間11分でフィニッシュ。
名前を呼んで貰えてるので、少し恥ずかしかった。
f:id:kuroibozu:20160529064851j:image

修行の8時間。
一応登り以外は全部走れたのですが、もっと走れないとこれ以上上には行けないですね。

また練習して次につなげたいと思います。