読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。仕事もマラソン。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。当面は、サブ3・WMM制覇・UTMF/UTMB/富士登山競争完走が目標です。

加古川30K→あじさいロードレース→ランニング教室

[昨日のメニュー]

2キロジョグ+流し3本

加古川30K

夕方からランニング教室

 

火曜にノロウィルスに感染。不安定な体調の、まま何とか加古川30Kのスタートに立ちました。

 

おまけに、気温3℃で風速は10m/sを超えてる極寒のコンディション。

 

お付き合いとはいえ、あまり無理は出来ないので、体感を大切にスタートです。

 

スタート2キロで早くも「吐き気」。

 

走れないほどではないですが、青学の田村選手のように、レース前にトラブルがあると、思うように走れないのだと実感しました。

 

コースはみなもロードを使った片道5キロの往復コースを3周します。

 

往路は追い風。復路は強烈な冷たい向い風が吹き付けます。

 

何とか吐き気をごまかしつつ、4:30ペースを守れるように走りましたが、ラスト5キロの風は尋常ではなく、足の疲労というより完全に風にやられてペースダウン。

 

途中あまりにも風が強いので、笑ってしまう位の余裕もあるのですが、身体は前に行かず2時間16分でフィニッシュしました。

 

もうタイムは無視。無事にフィニッシュ出来ただけ良しとして、着替えもせずにすぐバスへ。身体は冷え切っており、いち早くあの河川敷から抜け出したかったのです。

 

Sさん、Mさん、大会運営もホンマにしんどかったと思います。お疲れ様でした。フィニッシュ後のホットラテに救われました。

 

加古川駅で車に乗り換えまして、今度はしあわせの村へ。息子のレースには間に合いませんでしたが、ラン仲間の応援には間に合って良かったです。

f:id:kuroibozu:20170115112358j:image

 

こちらも風は強いですが、加古川と比べるとまだ全然大丈夫。皆さんお疲れ様でした。

 

そして、そのままランニング教室へ。やっぱり後半に吐き気が出て来たので、途中で離脱。そして終わりには雪が降って来ました。

 

朝から晩まで、バダバタで極寒の一日でしたが、何とか無事に帰れてホッとしています。

 

今日もご訪問頂きありがとうございました!