読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。仕事もマラソン。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。当面は、サブ3・WMM制覇・UTMF/UTMB/富士登山競争完走が目標です。

京都マラソンの走り方(あくまで予定)

[昨日のメニュー]

トレッドミル5キロ+流し1本

 

さて、いよいよ明後日になりました京都マラソン。今シーズンを締めくくるガチフルレースです。

 

体調は若干ダルさが残るものの、メンタルはとても落ち着いています。昨日も良く寝れました。あと2日で、どこまで上がって行くのか楽しみに準備を進めています。

 

さて、もちろん今回の大目標はサブ3ですが、改めてこの京都マラソンのコース、中々の強者です。

f:id:kuroibozu:20170217075955j:image

 

前回試走をした時に、一条通からきぬかけの路が想定以上でしたので、正直ビビっています。

 

大会立ち上げの時、車で走ってたのと全然違うので・・・

 

という事で自分なりの戦略は以下の通りです。

 

1キロ〜7キロ

4:12平均 区間29分14秒

前半は比較的フラットなので、一条通のアップダウンが始まるまでは、落ち着きつつも少し早めのペースで。

 

7キロ〜17キロ

4:20平均 43分20秒

アップダウンの続く10キロ。ここはタイム落ちていい。下りでリズムを出しつつ落ち着いて走る。

 

17キロ〜37キロ

4:13平均 1時間24分20秒

登りも終わり長い下り基調。30キロ以降は自分の練習過程を信じて走る。

 

37キロ〜40キロ

4:25平均 13分15秒

最後の登り。特に京大横の今出川通が難関。ラストスパートに備えてどこまで粘れるか?いや粘れ。

 

40キロ〜ラスト

4:05平均 8分58秒

折り返したらラストの下り。ここでスパート。大阪30Kでも丸亀ハーフでもこの練習をしてきた。ラスト2キロは何も見るな、考えない。自分の力を出し切る。

 

合計2時間59分7秒。(計算あってるかな?)

これで勝つ。つもり・・・

 

とにかく、今シーズンのフルは30キロあたりで出てしまう肩と前鋸筋の痛みで、最後までまともに走れた試しが無い。

 

防府マラソン後、試行錯誤して改善をして来てるはずだけど、こればっかりは長い距離走ってみないとらわからない。

 

同じ症状が出たら多分負けると思う。でも出ない事を信じてリラックスして腕を振るしかない。やれる事をやる。

 

渡月橋仁和寺の坊さん。大文字焼き(絶対見る余裕ない)。植物園の舞妓さん。八つ橋給食。京都御所

 

しっかり走りながらも、この辺りの京都マラソン名物も楽しめたら最高ですね。

 

今日はEXPOに行って、まずは雰囲気を感じて来たいと思います。

 

今日もご訪問頂きありがとうございました。