読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。仕事もマラソン。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。当面は、サブ3・WMM制覇・UTMF/UTMB/富士登山競争完走が目標です。

京都マラソン2017完走記①

大会

3時間2分30秒。

 

サブ3は出来ませんでした。でもこのコースを一生懸命走って、最後はどうやってもスピードが出せなくなり力負け。これが今の実力として納得しています。本当素晴らしい大会でした。

f:id:kuroibozu:20170220085617j:image

 

もう少し補給を多めにしておけば・・・という思いもありますが、そんな余裕が無い時点で負けていたと思います。

 

当日朝は4時前に起床。6時間30分位は寝れたので、体調も言い訳出来ません。

 

5時過ぎには出発。帰りの事を考えて、太秦天神川駅に車を止めてアップをしました。

 

車で着替えを済ませ、会場へ。手荷物預けとトイレを済ませ、8時と同時に整列して待ちました。

 

100円ショップのレインコートを上下に着ていましたが、前日の雨で凍った西京極のトラックがとても寒くて、少し心が折れながらも9時にスタートしました!スタートロスは13秒です。

 

◯スタート〜5キロ 24:08

入りは渋滞もあり、1キロ4:24。前が開けて来たので、少しペースを上げます。息が切れない範囲で落ち着いて走ります。

 

川沿いに入ると、多少向い風がありましたが、この日は集中していたので、あまり気になりませんでした。

 

5キロ通過は予定より少し遅いのですが、身体は動いていたので、あまり気にせずにマイペースを貫きます。

 

◯5キロ〜10キロ 21:21

渡月橋を左手に見て左折。ここからアップダウンがはじまります。(本当に試走しておいて良かった)

 

広沢池を過ぎると、本格的にアップダウンの繰り返し。ただ、そこまでペースが落ちる事も無く、予定より速いペースで進んでいます。

 

仁和寺周辺の応援は本当に素晴らしくて、感動ものでした。

 

◯10キロ〜15キロ 21:16

アップダウン激しいきぬかけの路を抜け、西大路通り→北大路通りへ。ここも地味にダラダラ登っているので、きぬかけの路よりも辛く感じました。

 

◯15キロ〜20キロ 21:16

コース最高点へ向かうこの区間。登りですが、賀茂川沿いに入ると少し気合いが入ってきました。

 

そして折り返して下りへ。北山通りに入るまでは、下り基調でとても走りやすい所です。

 

本当は一気に書きたいのですが、体力的にも辛いので、残りは明日にさせて頂きます。

 

今日もご訪問頂きありがとうございました。