読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。仕事もマラソン。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。当面は、サブ3・WMM制覇・UTMF/UTMB/富士登山競争完走が目標です。

京都マラソン2017完走記②

後半戦です。

 

◯20キロ〜25キロ 21:15

北山通りに入ると、これまで下り基調だったのがフラットになり、多少ペースが落ちます(贅沢者)。

 

植物園前の大声援を受けて元気になり、折り返しに向いますが、折り返しに近づくにつれてまた登ってる・・・京都マラソンさん中々登りを終わらせてくれませんねw

 

折り返し後は下り基調になったので、何とかペースを元に戻します。25キロ手前では撮影部隊として入っていた後輩と、エール交換してパワーを貰いました。

 

◯25キロ〜30キロ 21:10

植物園手前には、ついにキタ生八ツ橋エイド!

 

「これは絶対頂きます!」と言って頂くと気管に入り詰まりかける( ̄▽ ̄;)危う植物園を前にDNSになる所でした。このペースで餅は危険ですね。

 

この餅トラブルで、植物園内の記憶があまりありません(;´д`)去年視察した時に居た舞妓さん。今年は居なかったという事は覚えています。残念でした。

 

コースは北山通りに戻り、ついに賀茂川の河川敷に入ります。

 

◯30キロ〜35キロ 21:54

河川敷は前日の雨で少しぬかるんでいましたが、思っていたより走りやすかったです。途中、仕事でお世話になっているランニングチームのコーチに声掛けして頂き、またパワーを頂きました。

 

と・こ・ろ・が・・・

気持ちよく走れるはずの丸太町通りに入ると、急に身体が重くなります。ガーミンを見ても、明らかにペースが落ちています。

 

ここが踏ん張り所だと思い、ギアを上げますが、河原町通りに入るとこのパワーも持たず減速。心は折れていないのですが、どうにもスピードが上げれません。

 

◯35キロ〜40キロ 22:55

35キロ通過でタイマーを見ると、3時間までまだ30分30秒あります。ここで踏ん張ればまだサブ3は行ける!!市役所を折り返すと「絶対諦めないぞー!!」と叫んで、身体を奮い立たせました。

 

が・・・そんなパワーも一瞬だけ。

 

川端通りに入ると、もう何をやってもダメ。ペースが上げれません。でも心は折れていないです。心だけは。

 

とにかく、今持てる力を出し切ろうと決意し、必死に今出川通りの坂を登ります。

 

この辺りから、いつもの肩と前鋸筋の痛みが出始めました。でも、ここまで良く持ってくれました。防府後にやって来た事に少しだけ成果を感じ、自分の身体に感謝をした瞬間でした。

 

折り返すと下りなのですが、もうどうやってもペースは上がらずに必死にもがきます。痛みとともに手も痺れ始めますが、まだ心は折れていません!

 

◯40キロ〜フィニッシュ 10:02

東大路通に入り、もう前を見て進むだけです!

 

優秀な学生の声援にも感謝をしたいのですが、頭を下げるのが精一杯。必死にもがいてフィニッシュに向かいます。

 

ラスト1キロ。サブ3は無理でしたが、完全燃焼。これが今の実力です。最後まで心は折れずに走れました。本当はいけないんだと思いますが、とても充実したレースでした。

 

そんな気持ちと感謝が込み上げて来て、最後は、「笑顔」と決めてフィニッシュに向かいます。

 

3時間2分30秒。平安神宮の素晴らしいロケーションの中、両手を上げて笑顔でフィニッシュ。

 

コースに一礼をして、京都マラソンが終わりました。大幅な自己ベスト更新ですよ!!

f:id:kuroibozu:20170221110547j:image

 

※当日の7時前のNHK関西のニュースで、私のフィニッシュシーンが、3秒ほどピンのアップで映ってしまいました。他のランナーが負けた感の表情の中、充実の笑顔過ぎて、アホさ満点でした(・∀・)

 

駅伝の街京都。最後まで途切れる事の無い応援で、応援にも歴史を感じます。本当に力を頂きました。特に、仁和寺付近と、学生さんの応援は感動ものです。素晴らしい大会をありがとうございました。

 

これで今シーズンのガチフルマラソンは終わりました。サブ3は出来ませんでしたが、今の実力は良く理解でき、自信もつきました。

 

サブ3は成長の通過点とし、来シーズンもっと良い結果を出せるように、また1からしっかりやっていきたいと思います。

 

今日もご訪問頂きありがとうございました。