SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。ラン歴6年目。中野→千歳烏山→三茶→立川→甲子園→三田市 PB:Full2:59:37 Half1:22:17#西川ランニング教室#ヒゲマラソン部#サブ3#WMMボストン残し#マラソン行脚#大阪マラソン#スポーツビジネス#電王堂#日大二#日大#JAAF公認ジュニアコーチ#教員免許(保体)

姫路城マラソン2018 その②

後半です!

 

30キロ〜35キロ 21分36秒

サイクリングロードに入ると、向い風を感じます。明らかに下っていますが、向い風の影響で32キロの折り返しまでは、4:14平均。この日は西風ながらも、地形に合わせて風が舞っていました。

 

噂には聞いてましたが、サイクリングロードの応援は本当に凄いので、沢山力を頂きました。

 

そして、いざ折り返し。「よし、ここからが本番!」と、心で呟いて登りはじめます。しかし、いい意味で想定外だったのは35キロ手前まで、向い風がほぼ無かったこと。

 

これは本当に助かりました。ラップは34キロまで4:18程度だったので、登りの影響のみだったと思います。しかし少しコースの向きが変わった34キロ過ぎ、向い風でペースがかなり落ちます。ここからが本当の勝負です。

 

35キロ〜40キロ 22分31秒

37キロまでの約3キロ。何度もいいますが、ここが勝負所です。ガーミンは4:30あたりを行ったり来たり。多分「ここから40キロまで4:30でもサブ3は行ける」とこの時思ったのですが、身体は本当に辛かった。

 

途中にクラブの仲間が親子で居てくれたり、知り合いも何人か居てくださったので、勇気を貰い何とか夢前川を登り切りました。

 

コースは東に進路を変えて、いざ姫路城へ向かいます。「ここからだー!」と周りのランナーさんに合わせて叫ばせて頂き、サブ3ペーサーさんにも助けて貰い、追い風も頼みに何とか4:18位までペースを上げます。

 

39キロ過ぎて、ラスト3キロ。これはこのままサブ3をイケたなと思った時でした・・・

 

「念の為」と思って取った39キロ給水。ドリンクを取った瞬間に左足のハムが攣りました。

 

ビリビリビリーと痛みが走り、テーブルの前に止まってしまいます。(後ろから来ていたランナーさん本当にごめんなさい)

 

痺れる左足。全く動けない。正直これは終わったと思いました。ただ、「多分座って伸ばしたら終わる」と直感的に思い、テーブルに手をかけてひたすら痛みをやり過ごします。泣きました。

 

立ったまま何十秒経ったのでしょうか。少し動かせるようになったので動かすと、また攣りかけます。「完全に終わった」と思いました。

 

しかし、やれる事はやろうと思い、水を含んだ手袋でハムをひと叩き。何とか動いてくれそうになったので、足を引きづりながらリスタート。

 

走り出しても違和感しかありませんが、何とか走ってくれそうなので、ペースを可能な限りあげます。40キロ通過が2時間50分10秒。ギリギリのサブ3へ希望を感じながら、必死に前へ。

 

40キロ〜フィニッシュ 9分27秒

ここから先、姫路城の手前まで、ほぼ記憶が飛んでいます。とにかく無我夢中で走りました。あれだけ楽しみにしていた甲冑隊にも目もくれず、場内へ駆け込みます。

 

ゲートのタイムは2時間58分台。よし、行けただろ!と思った矢先、姫路城を目の前にまた攣りかけます。でも、「ここで止まったら終わる。攣っても走る」と言い聞かせて逆にスピードを上げます。

 

ラストの直線。タイマーは2時間59分15秒。これでやっとサブ3を確信して、フィニッシュ!!

 

やりました!沢山のランナーさんが拍手して待ってくれました。ついつい「よっしゃー!」と叫んでしまいましたが、その瞬間に両足攣りました(・∀・)

 

悶絶してましたが、その場にいた、会社の先輩方も一緒に喜んでくれました。夢にまで見たサブ3です。手荷物預けまでの道中、涙がでました・・・

 

「寒すぎて」(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

手は氷のように固まって、ブルブル震え、多分低体温状態。吐き気も出てきそうな中、何とか暖かい地下駐車場まで戻りましたが、今度は攣り過ぎて靴が脱げない( ;  ; )

 

余韻に浸ることも無く、悶絶しながら何とか着替えて、ランチに姫路おでん。何とか体調が戻って来て、少し実感が湧いて来ました。

 

2011年の北海道マラソン。「視察ついでに走りゃいいかー」とほぼノー練習で参加して、見事に25キロで収容DNFが初マラソン。マラソンを完全に舐めていた私は、2012から少しずつ走り始めて約6年。

 

自分なりに色々積み重ねて、ついにサブで3まで来ることが出来ました。

 

自由に走らせてくれる家族はもちろん。クラブやランニング仲間の皆さん。尼崎NRの皆さん。陸上の仕事でお世話になっている皆さん。仕事もロクにせずに許してくれた皆様。多くの方のお陰でここまで来れました。ありがとうございます。

 

でも、実は2回目のチャレンジで成功はしているので、俗に言う「サブ3の高い壁」は、結果的にあまり無かった。昨年は、体調壊して走れない時もあっただけに、定期的に練習したらもう少しだけはタイムが伸びそうな気もしています。

 

だから、お願いです。もうちょっとだけやらせてください(^◇^;)

 

まずは、別大カテ2と東京準エリートの「2時間55分切り」を当面の目標にして、スピード中心に強化して行こうと考えています。切れたらまた別大走りたいなー。

 

とりあえずはまずゆっくり休んで、(コンディション次第ですが)ボストンでのサブ3も目指して、再始動します。

 

ご訪問頂きありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。