SANDA CITY MARATHON

兵庫県三田市の素晴らしい環境でのマラソン生活。国内外のレースに参加して、日々勉強するふりして走っています。ラン歴6年目。中野→千歳烏山→三茶→立川→甲子園→三田市 PB:Full2:59:37 Half1:22:17#西川ランニング教室#ヒゲマラソン部#サブ3#WMMボストン残し#マラソン行脚#大阪マラソン#スポーツビジネス#電王堂#日大二#日大#JAAF公認ジュニアコーチ#教員免許(保体)

のらりくらりです。

仕事でお世話になっている先輩ランナーさんに、「ブログ更新しろ!!」って怒られたので、更新します(´・_・`)

 

タイムは全然伸びてないのですが、また体調が悪いとかでは無く、結構色々忙しくてブログが後回しなってしまいました。

 

少しコツは掴みつつ有るものの、スピードを上げると上手いこと行かないので、もう少しトレーニングが必要です。

 

当面スピードを出せるフォーム作りを基本に、精進していきます!!

 

(最近の結果)

◯大阪マスターズ陸上

5000m 18分54秒 M35 2位

3000m 10分56秒 M35 優勝

1500m 4分57秒 M35 3位

大阪マラソン10K

10000m 39分10秒 全体30位部門10位

ATT(アマガサキタイムトライアル)

先週の土曜日、ATT(アマガサキタイムトライアル)に参加して来ました。

f:id:kuroibozu:20180521235537j:image

 

今年から所属させて貰っているクラブが主催していまして、息子と運営ボランティアもセットでお世話になりに。ラスト一周の鐘も鳴らせて息子は大満足でした。

 

私の結果は18分10秒。ペーサーも着いてくれて、ラストまで励まし続けて貰ったのですが、この結果(T-T)

 

一応トラック5000m PBだけど、朝起きた時から何だか体調おかしくて、フワフワしたまま体の動きも悪く、出し切れずにマジ悔しい。

 

この春夏で17分30秒は切りたいので、今の方法論を信じて練習する!

 

次回は7/7に開催しますので、ご興味ありましたら「アマガサキタイムトライアル」で検索ください!

 

ご訪問ありがとうございました!

ウォーミングアップ

ランニングをはじめて6年。これまで練習をするにあたり、ウォーミングアップを疎かにしていた事を、心の底から後悔しています(@_@)

 

昨日は、本練習が始まる2時間半前に食事を済ませ、会場についてからは1時間ウォーミングアップ。

 

流し5本を入れてからの本練習は、400m15本でした。アップのおかげか昨日は身体が動きました。

 

(アップメニュー)

・アップドリル30分
・アップジョグ5キロ 5:00/km

 

(本練習)
・100m流し5本
・400mインターバル15本、150秒回し。
79-78-78-78-78-77-79-78-78-77-77-79-78-78-74

 

久しぶりにいい練習ができました。最近5000mのタイムはあまり伸びていないですが、体感的には悪くない感覚なので、このまま継続したいです。

 

あーー。ガチガチ日記ですいません。

 

ご訪問ありがとうございました。

本日の読売新聞

f:id:kuroibozu:20180508193204j:image

今朝の読売新聞(多分兵庫県版のみです)に、Six Star Finisherになった事での取材記事を掲載して頂きました。

 

偶然陸上部出身の記者さんだった事もあってか、思っていた以上に記事が大きくてビックリ。大阪マラソンの仕事をはじめてから、丁寧に時系列で書いて頂きありがとうございます。

 

市民ランナーが遊んでるだけなのにすいません!

 

※この写真だけは僕が提供した物なので、モザイク処理していません。

 

今日もご訪問頂きありがとうございます。

ボストン街歩き

荷物を置いてからボストンの中心部に来ました。

f:id:kuroibozu:20180505135341j:image

 

この時間は、フィニッシュエリアを使って、ジュニアのリレーマラソンが行われていて、結構な盛り上がり。(地区対抗駅伝みたいなやつ)

 

「引率の先生の言うことを聞かない子供達」みたいにどの国でも統一の光景も見えたりして、少しホッコリしました。

 

そのままフィニッシュライン方面へ歩いたのですが、こういう感じで、何日も前からフィニッシュ地点を封鎖出来る(しかも公道)事が、文化と歴史の違いを感じてしまいますよねー。

f:id:kuroibozu:20180505135537j:image

 

このエリアにはスポンサーブースなんかもあって、ここだけでも結構楽しめたりします。

f:id:kuroibozu:20180505135800j:image

f:id:kuroibozu:20180505135822j:image

 

そしていよいよフィニッシュラインへ。

f:id:kuroibozu:20180505135920j:image

 

あえて、ここには写真を載せませんが、あの痛ましい事件があった場所は、本当にこのゲートのすぐ横でした。マラソン運営を多少なりともかじって居た人間としては、「まさかこんな所で?」と思うような場所です。

 

映画にもなったボストンストロング。この場所だけでは無く、大会中に色々な所でこの精神に触れる事がありました。改めて色々考えさせられました。

 

そして、そのままアディダスのランベースへ。

f:id:kuroibozu:20180505142749j:image

 

コースの立体模型。こういうのもボストンのコースならではかもしれません。

f:id:kuroibozu:20180505160518j:image

 

全然関係無いんですけど、ボストンハーフのジャージが可愛くて買ってしまいました。それ以外は大体EXPOと同じ物が売っています。

 

その流れでマラソンスポーツという、有名な流通店舗をみたり、ナイキボストンでヴェイパーが無いかと物色したり。

 

後はメディアのパスをお願いしておいたので、オフィシャルホテルに受け取りに行ったりもしました。

 

夜はボストンといえばの海鮮メニュー!

f:id:kuroibozu:20180507192838j:image

 

いや、ここまでかなり楽しいぞボストン。ニューヨークみたいな派手さは無いけど、それが肌に合っているのかもしれません。

 

本日もご訪問ありがとうございます。次はレース前日へと続きます。

ボストンマラソンEXPO

5K終えて急いでEXPOへ。

ホテルから2キロちょいでしたので、走って行く事にしました。

 

海沿いの街並はとてもキレイで、大会のバナーなんかも出ていて、テンションが上がります。

f:id:kuroibozu:20180426084522j:image

 

会場に着くと、ランナーチェックインが少し混雑して列が出来ていたので、まずEXPOを物色しに行く事にしました。いやというよりadidasブースに直行です!

 

(EXPO入る時は手荷物検査あります)

 

ついに来ました。

f:id:kuroibozu:20180426085325j:image

 

念願のボストンウェアです。

f:id:kuroibozu:20180426085408j:image

 

本当に全てが格好いい。

(てかこのシューズ勿体無くて履けない)

f:id:kuroibozu:20180426085448j:image

 

結局、お土産も入れて$800は使った(;´д`)

帰国してからの節約生活を誓いました・・・

 

さて、とりあえずEXPO最大の目的は終わったので、いざチェックインへ。

f:id:kuroibozu:20180426090456j:image

 

まぁこんな感じで日本と一緒です。ボランティアのおばちゃんが「あなた何番?」って話しかけてくれて、親切にも列に案内までしてくれました。

f:id:kuroibozu:20180426090554j:image

 

ここではナンバーカードのみ受け取って、「参加賞Tシャツは下のEXPOで受け取ってくれ」と。案内を受けます。

 

そのまま下に移動して、Tシャツ受取りへ。

 

こんな感じでナンバーカードのバーコードを読み取ると、名前と希望してたサイズが出てくるので、「間違いないよ!」って言えばそのサイズのウェアや、大会プログラムとかのセットが貰えます。

f:id:kuroibozu:20180426090852j:image

 

あと、手荷物預けの案内とかも受けて手続きは終了。そのままEXPOの導線に合流という流れです。

 

EXPOで目に留まったのは、サッカニーのダンキンドーナツコラボ。

f:id:kuroibozu:20180426101308j:image

Tシャツも可愛くて、ついつい買ってしまいました。

f:id:kuroibozu:20180426101407j:image

 

あと、主に女性向けのキラキラグッズを販売してたり。(日本にも流行が来そうだなー)

f:id:kuroibozu:20180426101545j:image

 

あと、ボストンマラソンだからか、疲労回復系のグッズやマッサージマシンなどのメーカーブースが多かったです。

 

そして、いざアボットブースへ。

事前の案内通りでしたが、行くとナンバーカードにシールを貼ってくれます。あと、背中に付けるチャンピオンラン用のナンバーカードも貰えます。(まぁ当日はカッパで全く見えなかったんですけどww)

f:id:kuroibozu:20180426102600j:image

 

という事で、あまりにadidasで買いすぎて、かなり疲れて来たので、一度ホテルに戻る事に。続きます・・・

 

今日もご訪問ありがとうございました。

 

 

 

BAA5K

到着日の睡眠は心配していましたが、しっかり寝れて5時30分に起床。

 

前日に買っておいたパンとスニッカーズを食べて、いざボストンコモンの受付に向かいます。

 

f:id:kuroibozu:20180423085706j:image

(多分常設されているサイン)

こんなサイン1つで興奮してしまいますよね。

 

ボストンコモンは、NYのセントラルパークのような広さは無いので、遠目から受付が見えますし、歩いてもとても近かったです。

 

会場に着くと、既に受付は始まっていて、パスポートとナンバーを伝えるとサクッと受付完了です。はじめての日本からのランナーも全く心配ありません。

f:id:kuroibozu:20180423085809j:image

f:id:kuroibozu:20180423090454j:image

(受付ではこんな封筒を貰えて、中にナンバーカード入っています)

 

そして、目の前のTシャツ引き換えへ。その場でサイズチェック出来るので、同じく悩んでいたアメリカ人カップルと「それS?」とか色々教えあって結局Sにしました。

f:id:kuroibozu:20180423090053j:image

 

スタートの準備も始まっていて、興奮が止まりませんが、一度ホテルに戻って準備を整えて、手ぶらでスタートへ並ぶ事にしました。めちゃくちゃ楽しみです。

f:id:kuroibozu:20180423090250j:image

 

会場に戻ると、すごい人で溢れかえっていましたが、アップを済ませて、落ち着いてトイレに行き、スタート列へ。

 

整列は、自己申告でフィニッシュタイムのゾーンに並びます。

 

ネットタイム文化が浸透しているせいか、「明らかに前へ並んだらダメなランナー」はほぼ居ません。日本にも早くこの文化根付いてくれー!!

 

私は、一応18分30分程度を設定にしていたので、マイル6分ペースの位置に並びました。

 

スタート位置まで少し歩いて移動してから、国歌を全員で歌いいざスタートです!

 

天気最高!気温最高!ほぼ無風!という素晴らしいコンディションの中、ボストンの中心部へ繰り出します。

 

沿道からの応援も素晴らしく、気付くと気持ちよくてペースが上がりそうですが、「本番は明後日明後日・・・」と呟いて無理の無いペースで進みました。

 

クライマックスは、ここ。

f:id:kuroibozu:20180423195919j:image

5Kでも、本番のフィニッシュ地点を通してくれます。これはニューヨークと一緒で、本当に嬉しい体験ですね。

 

そんな最高体験をして、ボストンコモンのフィニッシュへ。沿道は大盛り上がりです。

 

手元の時計では、18分41秒くらい。本当にあっという間の5Kでした。

 

フィニッシュ後、ホテルのバックパネルでパシャり。このあとすぐにEXPOへ向かいます!

f:id:kuroibozu:20180423200324j:image

 

ご訪問ありがとうございました。

 

2018ボストンマラソン(ボストン到着まで)

昨日帰国しました。色々と壮絶すぎてまだ興奮が治っていないのですが、忘れないうちに書かせて頂きます!

 

往路は、マイル特典航空券の枠の関係で、伊丹→羽田→成田→ボストンの変則コース。

 

羽田と成田の移動は少し混雑が不安でしたが、問題なく行けました。

 

羽田では、ニューヨークに続き今回もご一緒する、元ランスマのGさんとたまたま遭遇して成田へ。

 

早めに着き、搭乗まで3時間はあったので、Wi-Fiを借りたり、お決まりのカレーとシャワーを浴び、万全の状態で搭乗ゲートへ向かいました。

f:id:kuroibozu:20180419191833j:image

 

到着すると、やっぱりランナー多し!乗り込むまでは、勝田マラソン派遣の選手やコーチと話しをしたりしていました。

 

いざ乗り込み、NYCに続き787の最新機種を堪能。途中少し揺れましたが、本当に快適でした。

f:id:kuroibozu:20180419192250j:image

(往路はやっぱり和食)

 

f:id:kuroibozu:20180419192347j:image

(到着前の朝ごはんも美味しかった)

 

そして、無事12時間のフライトでボストン到着。少し審査で並びましたが、市内までも無料のバスで20分ほど。空港からのアクセスはWMMの中で1番良いと思います。

 

さて、ここで恒例の個人的入国審査あるある。

 

これまでロンドン、シカゴ、ベルリン、ニューヨークと、WMM大会の入国審査では、「お前のベストタイムは?」と必ず聞かれています。

 

今回も期待を込めてベルリンマラソンのウェアで、ランナー感をバンバン出して審査ブースへ。

 

まず、

ボス「ボストンははじめてか?」

僕「はじめてだ。やっとこれた」

 

とジャブ的な会話からスタートし、ついに待望の瞬間がヽ(・∀・)

 

ボス「あなたのマラソンベストタイムは?」

 

キターーーーー!!!と心で叫びつつ

僕「2:59だよ」と冷静に回答。

 

ボス「2時間59分?」

僕「イエスだ!」

 

ボス「グレイト!!!さあ行け!!」

 

何て入国審査なんだ(涙)もしかするとボストンマラソンの参加資格(BQ)は、ここが最終審査場所なのかもしれない。

 

「これで3時間5分以上だったら、入れなかったのかもしれない」

 

何て、絶対ありえない妄想をしながら、「マラソンタイムを聞かれる入国審査」を見事にWMM5大会でコンプリートしたのでした。

 

夜は、さくっと食べて就寝。この日しっかり寝れるかが、時差ボケにならないコツだと思っていたのですが、意外にも直ぐに寝ることが出来ました。

 

この時、後に起こる悲劇を全く想像出来ていませんでしたが・・・

 

後日、ボストン5K編に続きます。

ご訪問ありがとうございました!

ポンデリング

無事に完走しました!生きてます。

f:id:kuroibozu:20180417234136j:image

本当に壮絶なレース。そしてそれを制した川内選手!本当に凄いの一言。

 

詳細はまた改めて!

ご訪問ありがとうございました!

 

BAA5K!!

f:id:kuroibozu:20180415061742j:image

BAA5K、18分41秒で走って来ましたー!!

 

昨晩着いたばかりですが、体調も悪くなくて、疲労感が溜まらない範囲で気持ちよく走りました。

 

ボストンの雰囲気は本当に最高で、まだ言葉にうまく表せませんが、出られた方みんなが「最高の大会!」って言われる理由がよくわかりました。

f:id:kuroibozu:20180415061927j:image

f:id:kuroibozu:20180415062228j:image

 

続きはまた明日にでも更新致します!

ご訪問ありがとうございました!